スポンサーリンク

牛肉生産量全国一位の北海道のブランド牛肉・銘柄牛一覧

牛肉生産量全国一位の酪農・農業王国北海道のブランド牛肉を紹介

北海道は牛肉の生産量が全国の約20%を占めており、もちろん全国一位

広大な大地を利用して農家一戸当たりの肉牛生産頭数は全国平均の約4倍

出荷される牛肉の大半はホルスタイン種を始めとする乳用牛の雄牛を去勢した美味しい赤身をもつ牛肉になります。

近年乳用牛の生産ノウハウを生かして広大な大地を活用した和牛・交雑種の生産が北海道全域で行われるようになってきました。

中でも「ふらの和牛」「びらとり和牛」「白老牛」は北海道三大和牛と称されています。

交雑種とは…乳牛と肉用牛の雑種。一般的には黒毛和牛の雄にホルスタイン種の雌を掛け合わせたもの。

十勝和牛(とかちわぎゅう)

十勝和牛」についてのデータ

十勝和牛」のデータは…
  • 品種…黒毛和種
  • 生産地…北海道中部の十勝地方
  • 育成・肥育期間…約30ヶ月(約800kg)
  • 格付等級…なし
  • ブランド推進団体…十勝和牛振興協議会

十勝の栄養満点の牧草と麦わらをたっぷり食べて育った「十勝和牛」。

十勝和牛」ブランドの設立は2002年(平成14年)と北海道のブランド牛肉の中では歴史があり、北海道の黒毛和種では一番最初に地域団体商標登録もされいます。

ふらの和牛

北海道富良野町に本部を置く谷口ファームグループで一貫生産されている「ふらの和牛」。

2008年(平成20年)に行われた洞爺湖サミットでは各国の記者などから大絶賛をうけた黒毛和牛です。

ふらの和牛」のデータは…
  • 品種…黒毛和種
  • 生産地…北海道中部の富良野盆地
  • 育成・肥育期間…約30ヵ月
  • 格付等級…3等級以上
  • ブランド推進団体…有限会社谷口ファーム

「ふらの和牛」は独自のブレンド飼料で育てられ、口どけの良い脂身が特徴。

北海道のみならず全国の品評会などで優秀な賞を何度も受賞している注目度の高いブランド牛肉です。

お取り寄せはこちらから

白老牛

北海道南部に位置する白老町で生産されている「白老しらおい」。

北海道で最初に黒毛和牛を生産したのが白老町だったそうです。「白老牛」は北海道の黒毛和牛の元祖となるのです。

毎年6月上旬には「白老牛肉祭り」が町内で開かれ、2日間で5万人を集めるほどの大イベントです。

2021年は現地での開催は中止

白老牛のデータは…
  • 品種…黒毛和種
  • 生産地…北海道白老町
  • 育成・肥育期間…36ヵ月以内
  • 格付等級…B-3等級以上
  • ブランド推進団体…白老牛銘柄推進協議会

厳しい寒さの中で育った白老牛は肉質が凝縮し、旨味がぎっしり詰まっています。

前出の「ふらの和牛」同様、洞爺湖サミットの際は世界のVIPから絶賛されたほどのブランド牛です。

お取り寄せはこちらから

びらとり和牛

びらとり和牛」のデータは…
  • 品種…黒毛和種
  • 生産地…北海道平取町
  • 育成・肥育期間…約30ヵ月
  • 格付等級…なし
  • ブランド推進団体…JAびらとり

北海道日高地方の平取町で生産されている「びらとり和牛」。

トマトとともに平取町を代表する産物です。

びらとり和牛」 は格付等級は特に定めていませんがA-5ランクの割合が非常に高いブランド牛です。

冬の厳しい寒さを耐え抜いた「びらとり和牛」は良質の脂肪がつき、旨味が凝縮された赤身になるのです。

お取り寄せはこちらから

コメント

スポンサーリンク