【青森シャモロック】-全国で唯一の宮内庁御用達地鶏に認定

スポンサーリンク

日本三大地鶏に匹敵するほどの評価を得ているブランド地鶏「青森シャモロック」

青森シャモロック」は青森県で飼育されている地鶏です。

青森県の南東側、三八上北地方を中心にして県内全域で生産を許された指定農場のみで飼育されているブランド地鶏です。

全国で唯一「青森シャモロック」のひなが宮内庁の御料牧場へ出荷されており、そこで飼育されて皇室の食卓や晩さん会などで振舞われるほどのブランド地鶏です。

※御料牧場(ごりょうぼくじょう)・・・栃木県にある宮内庁管轄の農場で皇室用の乗馬・ばん馬の生産を始め,各種家畜・家禽の飼養管理や牛乳・肉・卵及び野菜などの生産を行っています。一般の方の見学はできません

「青森シャモロック」のネット上の口コミ評価は…

【青森シャモロック】の食感・味は…
  • 濃厚な味
  • 弾力のある肉
  • 皮がうまい!
  • 出汁も旨い

※楽天市場・Yahoo!ショッピングなどのレビューから独自に算出

歯応えのあるプリプリした食感と軍鶏由来の濃厚な味わい、この2つが青森シャモロックを表現するうえでは欠かせないようです。

青森県南部地方の郷土料理「せんべい汁」と青森シャモロックのセットも通販では人気の商品です。

濃厚な肉の味がダイレクトに味わえる焼き鳥もおすすめです。

青森シャモロックを産地直送で

※画像は ためのぶストア楽天市場店
¥4,280 (2022/12/05 17:51時点 | 楽天市場調べ)

青森県が独自開発に成功した「青森シャモロック」

青森県では独自のブランド地鶏を生み出すため青森県五戸町にあった青森県畜産試験場において1970年ころから研究・開発が進められました。

まず父鶏として選ばれたのが青森県内で昔から飼養されている軍鶏である「横斑おうはんシャモ」。

横斑おうはんとは…動物の頭と尾を結ぶ線に対して、直角に交わる斑(まだら)模様

軍鶏は闘鶏用、観賞用、食肉用の鶏で雄鶏は特に闘争心が強く非常に飼いにくい。在来種である「横斑プリマスロック」の血液を0.3%導入することにより、軍鶏本来の肉の旨味を残しつつも、闘争性を弱めて飼いやすくした種が「横斑おうはんシャモ」になります。よって地鶏形成のために必要な在来種由来血液百分率は100%となります。

母鶏には「速羽性横斑プリマスロック」という種が選別されます。

この種はアメリカ原産の「横斑プリマスロック」に横斑プリマスロック種の変異種である「白色プリマスロック」を掛け合わせることで優れた肉質の維持と共に発育を速めた種。

横斑プリマスロック」は明治時代までに日本に導入されたため日本在来種となっていますので、「速羽性横斑プリマスロック」は在来種由来血液百分率は50%となります。

この2種を掛け合わせた種が一代限りの雑種「青森シャモロック」として1990年(平成2年)に開発されました。(「青森シャモロック」は在来種由来血液百分率は75%となり地鶏の定義に該当します。50%以上が地鶏)

誕生までは約20年もの歳月がかかったそうです。

「青森シャモロック」の生産の定義・基準は

青森シャモロック」も他の地鶏同様に生産基準を設けて飼育されています。

  • ひな誕生から28日以降は平飼い(放し飼い)
  • 雄鶏は100日〜110日、雌鶏は100日〜120日ほどの飼育期間
  • 飼育は1㎡あたり5羽以下

特定JAS(地鶏肉)規格の基準と比べると飼育期間は20~40日ほど長く、飼育密度はJAS規格の半分ほどになります。広々とした飼育環境ということがわかります。

さらに青森県が定めた生産に対する定義は

  • 青森県が独自に開発した地鶏である
  • 羽色は白黒の横斑紋、鶏冠(とさか)は三枚冠であり、体型的にやや直立
  • 雌雄平均体重は、14週間飼育で約2.8kg
  • 肉のきめが細かく、ダシが良く出る
  • 青森シャモロック専用の飼育マニュアルに基づいて飼育されている
  • 特産地鶏「青森シャモロック」ブランド化推進協議会で承認された、指定生産農場でのみ飼育されている

引用:青森県庁HP青森県の特産地鶏「青森シャモロック」の生産定義より

さらには与える飼料も出生から27日までのもの、28日以降の飼料と決められた成分のものが与えられ、そして出荷前2週間は青森県名産である「ニンニク」の粉末を飼料に混ぜることで肉質の変化や旨味成分の増加が図られています。

プレミアムな「青森シャモロック」も誕生で今後も注目

日本三大地鶏(名古屋コーチン比内地鶏さつま地鶏)に匹敵する評価となってきた「青森シャモロック」。

一般的な鶏や他の地鶏と比べても肉の旨味成分であるグルタミン酸やイノシン酸が多いことも実証されています。

ダシや鍋料理ももちろんですが肉の味が一番感じられる焼き鳥に向いていると言われています。

青森県六戸町では雄に限定し、飼育期間も130日以上、飼育密度も1㎡あたり3羽以下とし特別な飼料を与えられて育った特別な青森シャモロック「ザ・プレミアム#6(ナンバーシックス)」も開発されており今後も注目です。(旨味成分グルタミン酸は通常飼育の青森シャモロックよりも60%ほどアップ!

ぜひ焼き鳥で味わってみたい地鶏です。

青森シャモロックはこちらから
※画像は 北彩産直ショップ青森
¥6,400 (2022/12/01 14:04時点 | 楽天市場調べ)

コメント

スポンサーリンク