伝統から発展へ、香川県のブランド牛肉・銘柄牛一覧

スポンサーリンク

他の特産品と融合、香川県のブランド牛肉

香川県と言えば「讃岐うどん」と共に有名なのが小豆島の「オリーブ」です。

香川県では特産のオリーブを飼料に混ぜて育てられた牛・豚・鶏を「オリーブ畜産物」としてPRしています。

先駆けになったのが香川県産の黒毛和牛になります。

伝統を守りつつ現代社会にあった生産をしているのです。

讃岐牛

讃岐牛のデータは…

香川県で明治時代から肥育されてきた「讃岐牛

大正時代には大阪や京都などに出荷されていてこの時代から讃岐牛の名前で呼ばれていたそうです。

AB4等級以上を金ラベル、AB3等級を銀ラベルとして認定して出荷します。

現在では飼料に香川県特産のオリーブが配合されて後に挙げる「オリーブ牛」として出荷されるものがほとんどです。

オリーブ牛

オリーブ牛のデータは…

先に挙げた「讃岐牛」にオリーブの飼料を与えられて育った「オリーブ牛

オリーブと言えば不飽和脂肪酸のオレイン酸を多く含む食品です。

オリーブオイルを搾った後の粕を乾燥させて飼料に混ぜることで旨味成分がアップします。

データでは旨味成分だけでなく老化防止につながる抗酸化成分もアップ、さらには柔らかさもアップするという結果が出ています。

AB4等級以上が「金ラベル」、AB3等級が「銀ラベル」として出荷されます。

体にも良い成分が多く、さらには美味しいと評判のブランド牛肉です。

オリーブ牛はこちらから
※画像は 香川県三豊市ふるさと納税
¥37,000 (2023/02/02 09:13時点 | 楽天市場調べ)

コメント

スポンサーリンク