スポンサーリンク

開国から始まった歴史、神奈川県のブランド豚肉・銘柄豚一覧

横浜港開港から始まった神奈川県のブランド豚肉

神奈川県の養豚業は横浜港開港とともに始まったとされています。

江戸時代の黒船来航から始まる開国。横浜港が外国船の寄港地となった為、かの有名なペリー将軍が、横浜居留地の外国人のために豚を持ち込み養豚が始まったと言われています。

神奈川県中央部に位置する相模野台地は富士山、箱根山などの火山灰層で、もともとサツマイモの生産が盛んだったため、サツマイモを飼料とする養豚業には適した土地柄だったようです。

B-1グランプリで優勝したこともある「厚木シロコロホルモン」も豚の大腸を使っています。

【高座豚】神奈川県のブランド豚肉の元祖

神奈川県中央部の旧高座郡で飼育されていた「高座豚」。

昭和初期には薩摩黒豚と並び全国的にも有名なブランド豚でした。

しかし高度成長期と共に生産数が減少していき1970年代にはほぼ絶滅状態になったそうです。

現在の高座豚は1985年から改良されて復活した新生高座豚です。

高座豚」のデータは…

  • 主な生産地…神奈川県綾瀬市、藤沢市など
  • 飼料…サツマイモ、麦など自家配合飼料
  • 品種…元々は中ヨークシャー種
      現在の高座豚は中ヨークシャー種、ランドレース種、大ヨークシャー種、ハンプシャー種を掛け合わせた雑種
  • 生産団体等…高座豚研究会

高座豚」は加工品を中心に高級なブランド豚肉として確立されています。

肉の特徴は脂にまろやかな甘みがあり、さらっと溶けるため肉質は柔らかになりハンバーグなどにするととてもジューシーになります。


さがみあやせポーク

神奈川県の中央、綾瀬市を中心に生産されている「さがみあやせポーク」は現在の品種が出来上がるまで90年以上の歳月をかけ改良してきた歴史があります。

  • 主な生産地…神奈川県綾瀬市
  • 飼料…農場指定飼料
  • 品種…(大ヨークシャー種×ランドレース種)×デュロック種の三元豚
  • 生産団体等…さがみあやせポーク生産組合

豚が成長していくにつれて、飼料を変えながら飼育されています。

風味豊かな赤身・脂身にきめこまかい肉質で歯触りのよさが売りです。

お取り寄せはこちらから

【みやじ豚】個人経営の希少な豚肉

みやじ豚のデータは…
  • 主な生産地…神奈川県藤沢市
  • 飼料…イモ類や米・麦類の配合飼料
  • 品種…(大ヨークシャー種×ランドレース種)×デュロック種の三元豚
  • 生産団体等…株式会社みやじ豚

小さな農場で大切に育てられた「みやじ豚

月に130頭ほどしか生産されない希少なブランド豚です。

旨味成分のグルタミン酸が一般的な豚肉の約2倍

ストレスフリーの飼育、とうもろこしを配合しない飼料でジューシーかつ柔らかな食感の肉質で飲食店などでも非常に評価の高いブランド豚です。

お取り寄せはこちらから

やまゆりポーク

30年以上の研究から誕生したブランド豚「やまゆりポーク

神奈川県産の名産品として「かながわブランド」「かながわの名産100選」に選出・認定されています。

やまゆりポークのデータは…
  • 主な生産地…神奈川県横浜市など
  • 飼料…精白米・大麦など指定配合飼料
  • 品種…(大ヨークシャー種×ランドレース種)×デュロック種の三元豚
  • 生産団体等…やまゆりポーク生産者協議会

厳しい基準をクリアした枝肉が「やまゆりポーク」として流通します。

「やまゆりポーク」と名付けられたように白くきれいな脂肪が特徴のひとつです。

コメント

スポンサーリンク